2010年04月16日

<教員人事権移譲>副文科相容認 大阪府11年度から実施へ(毎日新聞)

 義務教育の教員人事権を大阪府教委から市町村に移譲する全国初の計画について大阪府の橋下徹知事は15日、文部科学省で鈴木寛副文科相と会談。鈴木副文科相は計画を容認し、財源面で新たな制度設計も含め検討する考えを示した。内閣法制局が近く、法令上の見解を示すという。問題がなければ、府は来年度から希望する市町村に移譲する。

 橋下知事が会談後、記者団に明らかにした。文科省は、人事権や1学級当たりの児童生徒数の基準決定など3点の移譲を容認する方向で、既に法制局に見解を求めているという。府の計画では給与などの財源も市町村に移すが、鈴木副文科相は人事権移譲を受けた市町村への「教育一括交付金」という形を取る案を示した。

 また、鈴木副文科相は会談後の定例会見で「百の理論より、ひとつのケースを一緒に作りながら進化していくほうが有効。リーダーシップを応援したい」と協力を約束した。【田辺一城、本橋和夫】

【関連ニュース】
橋下知事:府の教育人事権移譲…5市町へ、教委廃止も視野
橋下知事:豊中市長と“和解” 大阪空港跡地利用で協議へ
大阪府議会:橋下知事支持の22人が新会派
舛添氏:次の一手は? 新党構想、援軍なく
橋下知事:「行政の大掃除を」枝野行政刷新相にエール

住宅火災死者、6割超が高齢者―消防庁(医療介護CBニュース)
観光地「朗報」利用者「戸惑い」 高速上限料金制(産経新聞)
25日に拉致救出集会 拉致議連が確認(産経新聞)
ストロー?直飲み?…牛乳紙パックまだ戸惑い(読売新聞)
<所得隠し>元朝青関主治医が3年間で1億円 既に修正申告(毎日新聞)
posted by オオスギ ワタル at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。