2010年06月08日

寛仁さま、トルコ特命大使らが慰霊 エルトゥールル号沈没120年(産経新聞)

 トルコ軍艦「エルトゥールル号」が和歌山県串本町の紀伊大島沖で遭難してから今年で120年を迎え、島民の救助活動が縁で友好関係にある同町沖の遭難海域で3日、日本トルコ友好120周年事業として犠牲者を慰霊する洋上追悼式典が行われた。

 寛仁親王殿下、長女の彬子さまが出席され、トルコ共和国のセルメット・アタジャンル特命全権大使も参列。午前9時、海上自衛隊護衛艦「せとゆき」の艦上で黙祷(もくとう)の後、アタジャンル大使が「事故を思い出すたびに込み上げる悲しみの一方、悲劇が両国間に絶えることのない友情の礎となったことに心がなぐさめられる」などと追悼文を述べ、寛仁さまが献花された。

 午後には紀伊大島のエ号慰霊碑前でも陸上追悼式典が行われる。

 遭難120年の今年、外務省は「トルコにおける日本年」とし、トルコ国内で友好祝賀式典などを開催。寛仁さまは「日本年」の名誉総裁を務められている。

 親善使節として日本に派遣されたエ号は明治23年9月、帰国途中に沈没。550人以上が死亡したが、紀伊大島の漁師らが69人を助けた。この救助活動は日本とトルコの友好関係の原点となる出来事とされる。

【関連記事】
友好120年祝い式典 日本とトルコ
エルトゥールル号遭難120年 トルコに友好の日本庭園
菊の紋章入りの皿発見 沈没トルコ軍艦の調査
6825点の遺品 沈没トルコ軍艦の調査終了
120年前に沈没、トルコ軍艦「エルトゥールル号」から金貨
「はやぶさ」帰還へ

口蹄疫被害、月当たり33億円=鹿児島県(時事通信)
菅氏支持を表明=代表選出馬は見送り―岡田外相(時事通信)
HPVワクチン接種と検診受診率向上で要望書(医療介護CBニュース)
<中教審>文科相、教員の資質向上策を諮問 年内に方向性(毎日新聞)
<大相撲>夏場所でも組長観戦 維持員席、1月に続き(毎日新聞)
posted by オオスギ ワタル at 07:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。