2010年06月12日

山田農水相 口蹄疫早期終結へ全力(産経新聞)

 「口蹄(こうてい)疫問題はまだまだ燃えさかっている。予断を許さない状況だ。早急にこの問題を解決するよう頑張りたい」。8日深夜、首相官邸で会見した山田正彦農水相。その顔には疲労の色がにじんでいた。

 先月17日から宮崎県の口蹄疫対策本部長として現地入り。7日夕に急遽(きゅうきょ)、東京にとんぼ返りしたばかり。

 7日夜、首相からの農水相就任要請に「引き続き、副大臣として現地対策にあたりたい」と一度は固辞したが、「大臣としてやってほしい」と重ねて要請され、最後には折れた。

 前任は口蹄疫問題の最中に外遊し批判を浴びた赤松広隆氏。農水相は、自殺した松岡利勝氏や事務所費問題で更迭された赤城徳彦氏ら、ここ3年間に11人が交代、自公時代から短期失脚の多い“鬼門”ポストだ。

 かつては司法試験に合格しながら、地元の長崎県五島列島で牧場を経営、弁護士事務所も兼業した異色の経歴の持ち主。口蹄疫への思いも熱く、宮崎県川南町の蓑原敏朗(みのはら・としろう)副町長も「山田氏は、良くも悪くも現場を一番よく知っている人。経験を生かして力添えをいただきたい」と手腕に期待した。

 一方、事務所には支持者から「鬼門だけど頑張って」と皮肉な激励も。山田氏は農水省で記者団に「“鬼門”だといわれている。どうなるか分からないよ」と苦笑いを浮かべた。

【関連記事】
口蹄疫無感染のエース級種牛の写真公開
口蹄疫 九州高校総体 宮崎の3競技を他県で
3年間で11人交代 “鬼門ポスト”の農水相
消費者庁、9カ月で大臣3人目 「埋没しなければ良いが…」
東国原知事「どういうことか」 農水相後任難航に怒り 
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

売れてます、見た目より値段と味ですから(読売新聞)
<CO2>30年の排出量試算、1990年から約30%減(毎日新聞)
三原じゅん子破局「自民党と結婚した」(スポーツ報知)
<銃刀法違反容疑>「忍者の武器」所持で社長ら書類送検(毎日新聞)
本会議出席わずか1日 くら替えの河上議員 「労働なき富」批判も(産経新聞)
posted by オオスギ ワタル at 02:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。